夫とうまくいかなかった社長の今後の会社運営方針

夫とうまくいかなかった社長の今後の会社運営方針

本日、14時より夫の会社社長より社員個別に話があるとのこと。前回会社の縮小提案が話されてからちょうど1か月。やはり計画的だったか。

失業勧告の1か月前

夫が所属する会社から、
「最近会社の売上げが悪い。このままだと会社を縮小または解散せざるを得ない。」
と言われてたのは今からちょうど1か月前のこと。奇しくも定期借家の継続を決めてから半月後の出来事だった。

社長は、来月の成績を見て、会社をどうするのか決めると言っていたが、肝心の成績はふるわず。夫は採算の悪い部門の切り離しや、給与削減案を出したけれど受け入れられず。おそらく社長は最初から気に入った人材だけを残して、あとは首にするつもりだったのだろうとした。夫は気に入る方には入ってなかった。

社長による意思表明方法

その失業勧告の1か月前のある日、社長から
「明日の14時から、社員個別にこれからのことについて話をします」
と社員のMLに一斉メールが届いた。ついに社長が決定を下す日が来たらしい。
会社の進退のことなのだから、まずは社員全体に話があってから、個別に相談すればいいのにと私は思うけれど、何らかの配慮なのか操作が入っているため、こんなへんな形での発表をするらしい。

社員同士での心配や相談なども表立ってはできない。すでに職場の座席の配置で、社長よいしょ派と、そうでない派が別れているのでわかりやすいらしいが、夫は確実にリストラの対象。
もう家計の見直しや、引っ越しの算段、お義母さんへの報告など主だったことはやってきている。くるならこい。

夫によるリストラ予測

全部で10人ほどの会社であるが、派閥というかグループ分けすることができる。以降「」はあだ名。
その中でも、社長よいしょ派の筆頭女子👩「ネイル」、経理担当の男性👦「アスクル」、若手で使い勝手のよい男子👦「時計」、適度なよいしょ派女子👩の「ポニーテール」、その辺りが残留。それ以外はリストラであろうとのこと。5人体制になれば、現在の売上でも現状維持は可能らしい。
そして、当初は社長お気に入りのできる女子👩「小娘」に反旗を翻る奴らを駆逐して欲しいと採用された夫は、社長とはコミュニケーションを取らず、言われたことに正論で返したり、同僚と和気あいあいとできずに反乱分子とみなされリストラ。
あとは、マニュアルを覚えられず少しどんくさい私と同世代女子👩「ブランド」は、社長の好みではないのでリストラ。
夫の隣席の、これまたストイックな印象で周りに流されず、正しいものや良くないことを無言で見極めている女子👩「サブカル」も、社長と方向性が合わずリストラ。私は会ったことないけどこの人好きで、近所なのでご飯くらい食べてみたい。あとは、若手男子👦の「めがね」かな、実家暮らしなのでリストラのショックが少ないだろうから人員減らしの一環でリストラ。
さて予測はどこまで当たるのか。と言ったところで、社員同士がその話をするとは思えないので、結局は誰が残るのか、どういう待遇になるなかは辞めた本人にはわかりようがないけれど。

社長が目指すところ

ちなみに、社長が今目指しているものは、仲良く気の合う者たちで、ペットの写真をインスタグラムでアップしながら和気あいあいとできる会社のようだった。

その趣旨にそぐわないものは、目障りなのではないかと。何か不都合があった場合は、よいしょ派以外の人間がターゲットになって怒られたり、言葉に出さなくても、その人間のせいになっているらしい。
夫もよく槍玉に上がっている。

もちろん100%そのまま夫の話を鵜吞みにしているわけでもなく、こちら側にも良くないところがあるのだと思うけれど、普通の感覚でいくともうこの会社の体制はどうしようもないので、例え業務委託で仕事振ってもらえるとしても受けず、きっぱりと縁を切った方が良いだろうな。

就職した経緯

そもそもこの会社に勤めるようになったのは、就職していたシステム会社を試用期間で切られてしまい、転職活動もうまくいかず、上記の理由で社長に口説かれたことをきっかけに、藁にもすがるつもりで入ったことにある。
結婚当初だったこともあり、夫に定職がないことに私が焦っていたこともある。
「夫は外に出て定職につくもの。」そういった固定観念があったのだ。まだ子どもも生まれておらず、私も正社員で働いていたのに。今から思えば何をそんなに焦ってたのかな。
だから仕事のぼやきを聞く度に
「社長がそう言ってくれてるならここで働いたら」と後押ししたのが問題だったかもと、自責の念にかられていたのも事実。
「もうちょっと上手いこと世渡りできひんもんかな」と思っていたのも事実。

夫の失業にあたっての正直な心境

今回のリストラって、いずれ起こる出来事だったはずで。
このタイミングで来たというのは、まだ40代だし戦えるのでは?
引っ越しもろもろ、生き方や考え方、生活を見直すよい機会なのでは?私も会社辞めてなくて本当よかった~なのである。
昨年は、転職をして週3働いて週2は修行しようかと考えていたので。

ってもう社長の話を聞く前に、リストラ確定してしまっているけど。この勢いはなかなか止められないw
社長の話の詳細については、明日にでも追記します。↓↓↓

会社縮小案

社長による会社縮小案が個別に発表された。
個別なので、それぞれ何と言われたのかわからないけれど、やはり社長よいしょ派は今回のことよりも、明日からの出張の話できゃっきゃしていたらしいので、ほぼ待遇は変わらないのかもしれない。

かたや、リストラ組はお互いの話を少しずつつなぎ合わして、今回の事態の把握に努めたようだ。
リストラ組が聞いたのは「一旦全員解雇」というものだった。その上で個々に業務委託契約を結ぶというものだった。その条件がそれぞれ違うらしい。
夫は…有給消化(そんな設定今までなかったけれど)で1月少し休んでいいよということらしいが、その有給の日程を算定(どういうこと)してから、その分を12月分の給与に上乗せして支払うとのこと。

期日としては12月末、会社都合退職。決定してしまいました。ちゃん。
さすがに、少し眠れず 「ハロトレ」検索、「地域の子育てWEB」をちらちらみながらこちらのサイトをガン見。

共働き家庭で夫が無職になった時に取るべき6つの事務手続き - Eight Days A Week - 働く母は週8日営業
実は4月末で夫が仕事を辞め、目指す道のために独立起業をすすめることになりました。 現在絶讃シングルインカムな我が家です。 ただ、新しい事を始めるには諸々準備も必要ですし、いきなりがっぽがっぽ儲かる見込みもないので、私としては会社を辞めることには同意はしつつ、起業するか否かも含めて落ち着いて検討してもらう猶予を持ってもら...

とりあえず、最終出勤日までに子どもを扶養に入れる手続きをせねば!